ねこのごろごろ

おさかなねこです。

あのときのうらない

占いは基本的に信じないタイプなのだけども、「しいたけ占い」だけは毎週楽しみに読んじゃうおさかなねこです。水瓶座です。

 

ネットサーフィンをしていたら、まだ私がしいたけ占いを知らなかった頃の「週間しいたけ占い〜水瓶座〜」が飛び飛びながらも載っていまして。わくわくしながら読んでみまして。

 

 

 

2014年10月6日(月)〜10月12日(日)の運勢

今週、傷がふさがり、希望や願いに向けて力強い一歩を踏み出していきます。長くかかってしまったかも知れません。色々なことを試してきたかも知れません。水瓶座は努力が出来る人です。だから、自分に向いていないことに関しても「それなりの結果」を残すまで努力を続けることが出来ます。そこでわかったことは「ダメなもんはダメ」というものだったのです。身も蓋もない認識ですが、それがわかったからこそ出来ていくことがあります。空はどこまでも続き、風は常にふき続けます。あなたは、あなたなんだよ。あなたがあなたを生きなくて、誰があなたの代わりをやるの? もう傷は癒えたんだよ。

 

2014年12月29日(月)〜2015年1月4日(日)の運勢

体の左側から「自分に優しくなった」というエメラルド、右側から「今後やってくる幸運」を表す黄色が出ています。あなたは今「年末」という時間を迎えています。今あなたが感じている時間は特別なものです。あなたが今年やってきたこと、学んできたことはすべて今後に生きていきます。あなたはもしかしたら、2014年になんらかの「挫折」を経験したかもしれません。「命がけ」という表現が大げさではないぐらいに走ったけど、周りなり相手なりが「一緒のペースで走れなかった」。それでポカーンと大きな穴が空いたままの人もいるかもしれません。もちろん、「あれが何だったのか」と今まとめる必要はありません。でも今のあなたはやさしくなりました。自分に対しても、他人に対しても。
あなたには不器用なところがあります。「会っていく人全員に心を開けるわけではない。でも、人として最低限のことはやらなければいけない」という信念を持って生きてきました。それが2014年、その信念に対して何らかの「傷」がついた。その「傷」を休めるために、あなたは「特別なこと」ではなくて、普段の「日常生活」の方を、できる限り「心穏やかに」過ごそうとしました。走り続けることの限界を悟った人もいるかも知れません。そして今。あなたはただ傷ついているだけではないと思います。ただ静かにしているだけではないと思います。あなたの奥底の方から、「希望」が出てきています。小さな炎かも知れないけど、「寂しい」と思うよりも「やってみよう」という気持ちがあふれてきています。あなたが会う人たちに、希望を持って。やさしい気持ちで。

 

2015年1月12日(月)〜1月18日(日)の運勢

内側から「再生する光」を表すオレンジ色が出ています。再生する光と共にいます。もう安心してください。あなたが抱えていた悩みや「絶対にこのレベルから話が変わることはないだろうな」と思ってきた事柄に、新しい光が差し込みます。「占いやっている人が言いそうなこと」から始めてしまったのですが、本当にそうだったのです。ハワイの神聖な岬から、陽が昇るようなイメージと共にあなたは強くあります。だからちょっと今週は太陽の光がきれいに見える場所まで足を運んだりしてください。自分にお気に入りのスポットがあればそこでもよいですし、地名で「富士見」とか「坂」とついている場所は古代から太陽信仰がある場所です。

「今のあなたに何が起き始めてきているか」ということのすべてを、言葉に直すことができません。だって、もしあなたが「本当に感動すること」があったら、急にSNSなどにアップできないと思うのです。そういう「ジーンと来ること」や「迷いを断ち切って自分ひとりで前を向こうと決意したとき」というのは、その段階では言葉に直せないのです。ただ、付け加えてお伝えさせてください。あなたの後ろに、どんなに深い夜があったとしても、あなたは朝日に向かって歩みを進めるべきです。堂々と顔をあげて。あなたが今決意したことは楽しさではなくて、真剣に生きていこうとする決意です。それをまた忘れてしまっても構いません。でも、この瞬間だけは胸に刻んでおくこと。大丈夫だから。恋愛面も、今後勝手によくなっていきます。

 

---

わくわくしながら読んでたのに、読み終えたときにはぽろぽろと泣いてました。

 

あのね。

ちょうど上記に文章を載せた時期がね。

いままでの人生でたった一度きりの「身体が食べること・生きることを拒否した時期(食べれなかったあのときの話 - ねこのごろごろ参照)」なんです。

 

2016年や2017年では、しいたけさんが水瓶座の項目に「つらかったことや苦しかったこと」「挫折や限界」「傷」についてこんなはっきりと記述していた記憶がない。

 

…ああ。あああああーーー。

しいたけさんってすごいや。