ねこのごろごろ

おさかなねこです。

食べれなかったあのときの話

最近、体重増加がとまりません。

ストレスやらなんやらがかかるとすぐ過食になる私。もともと食べるの好きなうえにそれだからやんなっちゃう。体質的に筋肉も脂肪もつきやすいし、だからといって食べるの我慢すると諸々崩壊する。なので自分が「標準体重よりうえの人生」を歩むことに関してはもう諦めがついてきました。諦めというか、受容みたいなもの。でもその中でも「これより増えたら自己肯定してられない」というラインがあって、今そのあたり。ヒック。

 

でもね、そんな私も過去にたった一度だけ、

「身体が食べることを拒否する」という経験をしたことがあります。

 

 

いやもうあのときは自分でもびっくりした。食べることは生きること。すなわち身体が食べることを拒否することは、身体が現実を拒み生きることを拒否していることと同じ。わお。

2ヶ月弱の間ほとんど何も食べれなくて食べても吐いてしまって、その後なんとか半年くらいかけて少しずつ普段通りの食事に戻していったという。2ヶ月で "四捨五入して10kgの数値分" は体重減少したのは本当にびっくりした(元々がものすごぐ太ってたというのもあるけど)。いつもは過食に走るはずの自分がこんなに食べることを拒否している。

そしてそこに喜びを見出しはじめている自分が確かにあの瞬間いた。

どうみても、摂食障害の一歩手前だった。

 

あのね。

あのとき拒食症にならずに済んだのは、生きることを再び肯定できたのは、

あなたたちがいたからだよ。

 

生きることを身体が拒否していたあのときの私を、普通にごはんに誘ってくれたひとたち。あなたは普通に料理を注文して、私はスープだけ注文した。スープだけのくせに殆ど喉を通らなくて、でもあなたはなんも変な顔をせずに「飲めない分はこっちが飲むから安心して」と笑いながらいつも通りのおしゃべりをしてくれた。何度もそうやってごはんに一緒にいってくれたから。遊んでくれたから。

唐突に涙が溢れだして慌てた私を、そのまんま受け入れてくれたあなたたち。たわいもないおしゃべりをしてて私も普通に楽しくいつも通り笑ってて、なのにいきなり涙があふれてしまった私を、あなたは訝しげな目でみるわけでもなく何を聞くわけでもなくただ頭を撫でて抱きしめてくれたから。

 

あなたが「どんなあなたも好きだから」と大きく笑ってくれたから。

 

あのね。あなたたちがいたから、私はいまこうしていられます。

過食で体重増加で心が落ち込むことはたくさんあるけど、でも、食べることをちゃんと楽しめているのは喜べているのは、本当に奇跡だと思う。

 

あのね。ありがとう。

 

ふといろんなことを思い出して、書きたくなりましたとさ。

体重落ちないかなあ。