読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのごろごろ

おさかなねこです。

「わたし、殻のそとに、手を伸ばしたの」

「なんかね。殻、なんだ。」

 

一年前のいつか、友人がふとこぼしたことば。

 

「その殻は大きすぎて本人は殻とさえ思ってない。本人が空だと思っているものが実は殻の内側であったような感覚。周りの人間も殆どその殻を認識してないだろうね、それくらい大きな大きな殻。殻のなかには街もあって自然もあって、心地いい家もある。だからそもそも出る必要があるのかすらわからないのだけども…そう、殻のなかにいる感じなんだ。さかななこって。うまくいえないけどさ」

 これはどういうことなのだろうと考えたけれども、自分が殻それも大きすぎる殻のなかにいる、というのが全然感覚としてつかめなくて、首をかしげ、いつかその話題はどこかへと流れていったんだった。

 

 

でもいまならわかるかもしれない。

その友人が伝えたかった「殻」とは違うかもしれないけど。

それでも私、ずっとずっと殻のなかにいたの。

 

いままで自分から手を伸ばさなかった。伸ばそうと思ってもなぜか腕は伸びなかった。ただ相手が伸ばしてくれた手を握り返すだけだった。

受動的な性格というわけではなくて、どちらかといえば自分のしたいことやりたいことに忠実に生きている人間なのだけども、それなのになぜだか「そこにやってきた手のひらを握る」「握り返す」ことはあれど、自ら腕をめいいっぱい伸ばして相手を抱きしめる(求める)ということをしなかったし、できなかった。

 

「いっつも暖かいのにさあ、さかなねこといると、ふとした一瞬にどうしようもなく冷たい感じ…というかこっちが寂しさを感じちゃうときがたまーにあるんだ」

「さかなねこって、はちゃめちゃ受け入れてくれるのに、求めてくれないよね。頼るとはまた違うやつ。やっぱり求められたいじゃん、大切なひとにはさ」

そんなことを話してくれたひとたちが、遠い昔にいた気がする。

なんでどうしてこんな瞬間にすら腕を伸ばさない?求めないの?自分が不思議だった。当事者意識が低いのかしら。私はそういうところが欠落した人間なのかもしれないとぼんやり思いながら、誰かとの待ち合わせ場所へと歩いたのを覚えている。静かな夕方で、厚手のコートに雪がうっすらと積もっていた。

 

 

ある日とつぜん、殻は割れた。

自分でもよくわからなかった。そのことを自分で認識するのに数日かかったくらい、はじめての感覚だった。でも確かに私は、自分から腕をめいいっぱい伸ばした。あの瞬間。めいいっぱい伸ばした手は殻を割った。肺を突き刺すような空気を思いっきり吸い込んで、真白い雪を踏みしめて、私はからだいっぱいに抱きしめた。わたし、殻のそとに、手を伸ばせたの。